資源

企業の基幹的な資源は二つある。

差別化させる唯一の資源は、知識を活用する能力

資源の配分は、極めてインパクトをもたなければならない。

資源の配分は、極めてインパクトをもたなければならない。

行動のためのプログラムにおいて最も重要なことは、資源の割り当て、特に人材の配置のための意思決定である。

優先的領域に対し、資源が過剰に供給されていることは、稀である。したがって、問題は常に、それらの優先的領域への予算が多すぎるかではなく、成果をあげるために十分かである。

資源の最大利用というアプローチにおいては、最も重要な原則は、資源ならざるもの、すなわち凡庸なるものに機会を任せてはならないということである。

「人的資源」が最大の成果をもたらす機会を発見することによる「資源」の最大化した例

マーケティング分析と知識分析は、業績をもたらす領域、利益、資源についての分析や、コスト構造、コストセンターについての分析と重ねられるとき、新しい事実を明らかにしてくれるだけではない。

知識は、優れて人間的な資源である。

コスト管理の最も効果的な方法は、業績をあげるものに資源を集中することである。

事業とは、市場において、知識という資源を経済価値に転換するプロセスである。

資源の配分は、極めてインパクトをもたなければならない。

既存のものは、資源を誤って配分されている

成果や資源は、企業の外部にある。

最高の人材抜きに大きな機会を利用しようとしてはならない。

非情にならなければ、第一級の機会を餓死させてしまう。

成果をあげるために人材の配置を行うには、大きな苦痛が伴う。

いかなる企業にも、推進すべき優先的領域でもなければ、廃棄すべき優先的領域でもないという、製品やサービス、活動や努力がある。

成果のあがらないもの、希望のないもの、報われないものを継続すべきことを正当化するための議論が、単なる言い訳以上のものであることは稀である。

古いもの、報われないものを意図的かつ計画的に廃棄することは、新しいもの、極めて有望なものを追求するための前提である。

事業を成功させる為、「強み」を活かして「機会」集中するアプローチが3つある。

最大の成果をあげるべく、「理想企業」を最も魅力的な可能性に集中し、「機会」の最大化を図る。

事業を成功させるためには、三つの保証済みのアプローチがある。

重要で困難な問題があまりに多いからこそ、単純な中小企業であっても、その日暮らしでは、マネジメントは不可能となる。

自らの企業についての分析の終点まで到達したからには、自社の事業が何であり、何をしており、何をできるかを理解できるはずである。

これら四つの分析を総合して使うことによって初めて、企業のマネジメントは自社について理解し、診断し、方向づけを行うことができるようになる。

経営管理者は、事業に生命を与える力にあふれた存在である。

あらゆる生産手段のうち、人的資源ほど効率の悪いものはない

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)