優先的領域に対し、資源が過剰に供給されていることは、稀である。したがって、問題は常に、それらの優先的領域への予算が多すぎるかではなく、成果をあげるために十分かである。

推進すべき優先的領域は、次のようなものである。

(1)明日の主力製品とシンデレラ製品。

(2)明日の主力製品に明後日取って代わるべきもののための開発努力。

(3)新しい重要な知識と流通チャネル。

(4)コスト構造のうち高額の補助的コスト、監視的コスト、浪費的コストの削減。



これらの優先的領域に対し、資源が過剰に供給されていることは、稀である。

したがって、問題は常に、それらの優先的領域への予算が多すぎるかではなく、成果をあげるために十分かである。

(創造する経営者、P.F.ドラッカー)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)