古いもの、報われないものを意図的かつ計画的に廃棄することは、新しいもの、極めて有望なものを追求するための前提である。

廃棄することに機会を見いだすということは、奇異に聞こえるかもしれない。

しかし、古いもの、報われないものを意図的かつ計画的に廃棄することは、新しいもの、極めて有望なものを追求するための前提である。

まさに廃棄は、資源を解放し、古いものに代わるべき新しいものの探求を刺激するがゆえに、イノベーションの鍵である。

推進すべき優先的領域と廃棄すべき優先的領域とは、相互補完の関係にあり、同じように優先度をもつ。

(創造する経営者、P.F.ドラッカー)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)