Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /home/acad01/sr-navi.jp/public_html/wp-content/plugins/instagram-feed/inc/class-sb-instagram-api-connect.php on line 203

【孫子の兵法ビジネスラボ】一篇:計篇

孫子の兵法】 一篇:計篇

『孫子曰く、兵は国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざる可からざるなり。故に、之を経るに五事を以てし、之を校(くら)ぶるに計を以てして、其の情を索(もと)む。

『一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法。

道とは、民をして上と意を同じくせ令(し)むる者なり。故に之(こ)れと死す可く、之と生く可くして、民は詭(うたが)わざるなり。

天とは、陰陽、寒暑、時制なり。

とは、高下(こうげ)、広狭(こうきょう)、遠近(えんきん)、険易(けんい)、死生(しせい)なり。

将とは、智、信、仁、勇、厳(げん)なり。

法とは、曲制、官道、主用なり。

凡そ此の五者は、将は聞かざること莫きも、之を知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。』

《関連記事》

・『将』について:「先手を打つ」為の資質を身に着けるためには?

・シャクシャインの戦い(アイヌと和人の戦い)に学ぶ、これから予想される業界変動への準備の必要性

・【孫子の兵法】五事:『道』『将』

・読書会『孫子の兵法』【計篇②】その2

読書会『孫子の兵法』【計篇②】その3

読書会『孫子の兵法』【計篇②】その4

読書会『孫子の兵法』【計篇②】その5

読書会『孫子の兵法』【計篇②】その6

【将】:これから必要となる自分の「強み」を理解するには?

『故に、之を校ぶるに計を以てして、其の情を索む。曰く、主は孰れか有道なる、将は孰れか有能なる、天地は孰れか得たる、法令は孰れか行なわる、兵衆は孰れか強き、士卒は孰れか練いたる、賞罰は孰れか明らかなると。吾れ此れを以て勝負を知る。』

『将し吾が計を聴かば、之を用いて必ず勝たん。之に留まらん。将し吾が計を聴かずんば、之を用うるも必ず敗れん。之を去らん。』

読書会『孫子の兵法』【計篇③④⑤】

『計、利として以て聴かるれば、乃ち之が勢を為して、以て其の外を佐く。勢とは、利に因りて権を制するなり。』

『兵とは詭道なり。故に、能なるも之に不能を示し、用いて之に用いざるを示す。近くとも之に遠きを示し、遠くとも之に近きを示し、利して之を誘い、乱して之を取り、実にして之に備え、強にして之を避け、怒にして之を撓し、卑にして之を驕らせ、佚にしてこれを労し、親にして之を離す。其の無備を攻め、其の不意に出づ。此れ兵家の勝にして、先には伝う可からざるなり。』

『未だ戦わずして廟算するに、勝つ者は算を得ること多きなり。未だ戦わずして廟算するに、勝たざる者は算を得ること少なきなり。算多きは勝ち、算少なきは勝たず。況んや算無きに於いてをや。吾れ、此れを以て之を観るに、勝負見わる。』

関連記事

【勝利】するとは?自分が挑むべき戦場なのか?



《孫子の兵法》

一篇 : 計篇

二篇 : 作戦篇

三篇 : 謀攻篇

四篇 : 形篇

五篇 : 勢篇

六篇 : 虚実篇

七篇 : 軍争篇

 

八篇 : 九変篇

九篇 : 行軍篇

 

十篇 : 地形篇

十一篇 : 九地篇

十二篇 : 用間篇

十三篇 : 火攻篇





超訳孫子の兵法 (彩図社文庫)

新品価格
¥712から
(2021/9/15 16:49時点)

マンガ 齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方

新品価格
¥1,069から
(2021/9/15 16:49時点)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)