【心構え】成果を出すための3つのマインドセット

仕事で成果を出すためには、マインドセット(心構え)が必要です。

以下に紹介するマインドセットを意識して、仕事に取り組んでみてください。

少しずつですが、確実に成果が出てくるはずです。

熱量をもって真摯に向き合う

成果を出したいなら、仕事に対して熱量を持ち、真摯に向き合うことが必要です。

成果を出せない人は、自分では真面目にやっていると思っているものの、実は熱量が足りていません。

一つ一つの仕事に、真摯に向き合っていないことも多いです。

もっともっと本気で、どうすれば成果を出せるのか考えてみてください。

本気になれば、今まで見えてこなかったヒントや突破口が見えてきます。

そして一度でも本気になってみれば、「これが熱量を持つことなんだ」「仕事に対して真摯に向き合うとこんなに世界が変わるんだ」と実感できるはず。

効率を重視しすぎない

成果を出すために効率を重視することも大切です。

しかし、ときには効率を度外視し、やってみることも重要です。

「これは無駄だ」「あれは非効率」と決めつければ、結果的に遠回りすることも少なくありません。

面倒臭いこと・割に合わないことであったとしても、1回はやってみてください。結果的にあなたの成長につながるはずです。

オンとオフを身につける

仕事がのってくると、常に仕事モードになってしまいがちですが、それだとあなたはいつか壊れてしまいます。

オンとオフを身に付ければ壊れる事はなく、常に高いパフォーマンスを発揮できます。

真の意味で成果を出す人は常にパフォーマンスが高く、成果を出し続ける人です。

一度きりの成果では、誰も評価してくれません。

常に高い評価を得るためには、常に成果を出し続ける必要があるのです。

そのためにも、しっかりとオン・オフを身に付けようにしましょう。

 

まとめ

今回は成果を出すための3つのマインドセットを紹介しました。

改めてまとめますと、以下のようになります。

 

  • 熱量をもって真摯に向き合う
  • 効率を重視しすぎない
  • オンとオフを身につける

これらを意識すると、仕事ぶりがかなり変わってくるはず。

 

《関連記事》

職員の働きぶりを管理するのではなく、【組織の成果】にどう貢献できるかを考えてみませんか!?

コロナ禍以降の時代変化にどう対応し成果をあげるか!?

【働き方改革】非正社員と正社員との格差是正のルール化

「視覚障害」の方の障害者雇用とは?

【コロナ対策】「時差出勤」を実施する際に注意すべき点

コロナによる【テレワーク勤務】法整備はできていますか!?

北海道で障害年金の相談なら【札幌障害年金相談センター(札幌市)】

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

社会保険労務士法人ファウンダー 

受付時間 平日 9:00-20:00(土日祝も対応可)

連絡先 ℡:011-751-9885

所在地〒007-0849北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

《ライター記事一覧》

このライターの他の記事を見たい人は、こちら

《メルマガ登録》

メルマガ登録は、こちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)