コロナ禍以降の時代変化にどう対応し成果をあげるか!?

知識労働者の帰属先は、自身の『専門領域』?

『知識労働者の帰属先は、雇用主たる組織ではなく、自らの専門領域にならざるをえなくなる。

彼らにとって、コミュニティとは自らの専門領域そのもとなっていく。 』(P.F.ドラッカー著 「プロフェッショナルの条件」 はじめに)

この『帰属意識』が、更に自身の『健全なセルフイメージ』につながる。

『帰属意識』と、『健全なセルフイメージ』は切っても切れない関係である。

そして、自身のこの専門領域に対する考えを理解してくれる仲間とのつながりが、更に自身へ自信を与え、成長していける切っ掛けを与えてくれる。

そして、その異業種との連携・提携によって『新しい価値』を作っていかなければならない時代です。

コロナ禍以降の変化にどう対応するか?

新型コロナ禍以前もそのような時代の要求がありましたが、益々その流れが激しくなっています。

お客様のニーズにあった商品・サービスをスムーズに提供して欲しいことは、以前と変わりありません。ですがコロナ禍以降は、お客様のニーズが、「総合的なこと商品・サービス」を要求されるようになって来ているように感じます。

ドラッカーは、「知識労働者が専門分野に特化しなければ価値が無い」と言っていますが、逆に「集中には過度の専門化という危険が伴う」とも言っています。そして、「適切な多角化」は健全であり、「適切な多角化」から『新しい価値』を生むのも、この時代背景に合わせる方途の一つであると考えます。

知識に知識を適用し、組織に成果につなげる

7年ぐらい前なら『自身の知識を使って、まだ利益を出せた時代』だったが、これからは(そもそも知識を持っていても上手に使えない人もいるのにかかわらず)『自身の知識に「知識」を適用して、利益を出すのが当たり前の時代』となる。

『知識に知識を適用する』とは、『何もないところから利益を産み出し、組織の成果をあげる』と言い換えることができるかもしれません。

だからこそ、2、3年前と同じ仕事観で仕事をしていたとしたら、間違えなく「時代遅れての骨董品」になる!

私自身も含めて反省し、仕事観を切り替えていきたいと思います。

これは気づいたもん勝ちですよね。

「キリギリスとアリ」の童話があるが、必ず冬が解っているのに、現状維持を望んで生活をすることは、私にはできません。

 

《関連記事》

【新型コロナウイルス】発熱で会社を休む場合、「欠勤」扱いとなるのか、「休業」扱いとなるのか

【コロナ関係】売上低下も雇用継続の為、従業員に休業手当を支給

コロナによる【テレワーク勤務】法整備はできていますか!?

【コロナ対策】「時差出勤」を実施する際に注意すべき点

【コロナ対策】緊急事態宣言における就業禁止・休業手当を確認しておきましょう!?

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

社会保険労務士法人ファウンダー 

受付時間 平日 9:00-20:00(土日祝も対応可)

連絡先 ℡:011-751-9885

所在地〒007-0849北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

《ライター記事一覧》

このライターの他の記事を見たい人は、こちら

《メルマガ登録》

メルマガ登録は、こちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)