働き方改革の成功事例3選

「働き方改革」とは、将来における非常に深刻な労働力不足にそなえ「長時間労働の是正」「非正規雇用の格差改善」「多様な働き方の実現」を目的とした運動です。

企業と働き手双方にとって働き方改革が施策されている一方、「うまく取り入れられない」と悩みを抱えている企業は少なくありません。

そこで今回は働き方改革の成功例を紹介します。

今後、働き方改革を推進するうえでの参考にしてください。

【事例1】トヨタ自動車株式会社

「トヨタ自動車株式会社」は女性社員が活躍、定着できる職場環境に重きを置き、育児や介護といった制度の充実に力をいれています。

それらに加え「在宅勤務制度」を新設し、子育て中の労働者は時短勤務での所属が可能となりました。

さらに「夫婦双方の働き方改革」と称し、仕事と育児の両立を夫婦で共に目指す取り組みもしています。

この改革の結果、女性退職率の減少、女性幹部・技術者増員に成功しています。

 

【事例2】中外製薬株式会社

「中外製薬株式会社」は育児・介護を行う労働者に、テレワークを推進する企業です。

長時間勤務削減に向けてアクションを起こし、急激な変化を遂げています。

積極的な有給休暇取得を促すなど、社員一人一人のワークライフの改善を図り、所定外労働時間の減少や有給休暇取得率の増加に繋がっています。

 

【事例3】株式会社サカタ製作所

社内講演会で「長時間労働の弊害」を指摘された「株式会社サカタ製作所」は、基幹業務システムのコンピューターを刷新しました。

この結果、これまで3日程かかっていた作業時間をなんと5分に短縮。

一人当たりの月平均残業時間が、18時間から1時間へ劇的に短縮することに成功しています。

 

まとめ

今回は働き方改革の成功例を3つ紹介しました。

働き方改革で得られる恩恵は、非常に大きいものです。

導入を失敗している企業もいますが、成功している企業がいるのも事実です。

一番大切なのは、諦めずに働き方改革を導入する姿勢をもち続けることなのかもしれません。

《関連記事》

【新型コロナウイルス】発熱で会社を休む場合、「欠勤」扱いとなるのか、「休業」扱いとなるのか

【コロナ関係】売上低下も雇用継続の為、従業員に休業手当を支給

コロナによる【テレワーク勤務】法整備はできていますか!?

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

《メルマガ登録》

メルマガ登録は、こちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)