「孫子の兵法」九変篇⑥

『故に用兵の法は、その来たらざるを恃(たの)むこと無く、吾が以て待つこと有るを恃むなり。其の攻めざるを恃むこと無く、吾が攻む可からざる所有るを恃むなり。』(「孫子の兵法 九変篇」)



⇒『故に、兵を動かし方は、来ないことを期待するのではなく、いつ攻めて来ても良い準備をすることを頼りとすべきだ。 敵が攻めて来ないことを頼りにするのではなく、敵が攻めたくても攻められない態勢にしていることを頼りにすべきだ。』



《関連記事》

実力差をどう伝える?利害関係をどう構築する?



超訳孫子の兵法 (彩図社文庫)

新品価格
¥712から
(2021/9/15 16:49時点)

マンガ 齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方

新品価格
¥1,069から
(2021/9/15 16:49時点)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)