「孫子の兵法」九変篇④

『是の故に、智者の慮(考え)は、必ず利害を雑う。利に雑うれば、而(すなわ)ち務は信なる可し。害に雑うれば、而ち患(わずら)いは解く可し。』(「孫子の兵法 九変篇」)

この故に、智者の考えは、必ず利と害の両方を考えている。利益になるだろう事柄に、損害になり得ることをことを踏まえて熟慮することで目標を達成することができる。損害になり得ることに、利益になり得る事柄をも踏まえて考えることで、苦労・心配はなくなる。



《関連記事》

状況に応じた判断基準を持ちましょう!?



超訳孫子の兵法 (彩図社文庫)

新品価格
¥712から
(2021/9/15 16:49時点)

マンガ 齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方

新品価格
¥1,069から
(2021/9/15 16:49時点)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)