【海外男性編】発達障害の有名人・著名人

発達障害はコミュニケーション能力の低下、問題解決能力、臨機応変さなどの特徴があります。

 

実は、発達障害は世界的に活躍しているクリエイティブな有名人・著名人にも多く見られるのです。

 

英語圏における発達障害の割合は人口の10~15%、

日本でも人口の10%を占めると言われています。

 

そこで今回は、世界的な有名人の発達障害者をご紹介しましょう。

 

発達障害の世界的な有名人・著名人

 

世界的なハリウッドスターとして活躍しているトム・クルーズはADHDと学習障害があることを告白しています。

 

彼は難読症のために昔から台本のセリフを読んだり覚えることができず、セリフを録音して聞きながら覚えています。

 

幼い頃から読み書きが苦手でADHDの傾向もありましたが、薬の服用をせずに克服したのです。

 

トム・クルーズはADHD治療薬へ依存している米国の医療に難を唱えて、自力で治ると力説しています。

 

人気スターのウィル・スミスもADHD(注意欠陥多動性障害)を告白しています。

 

ミッキーマウスの生みの親であるウォルト・ディズニーも文字の読み書きが困難な学習障害の一つ「ディスレクシア」でした。

 

ビジネス界においては、Apple創設者として知られるスティーブ・ジョブズはADHDだったそうです。

 

Apple製品はMac、iPod、iPhoneなどの世界的なヒットを連発しました。

 

Microsoftの創設者のビル・ゲイツもADHDの他にも複数の発達障害があると言われています。

 

歴史的な人物では発明家のトーマス・エジソン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピカソ、ベートーヴェン、モーツアルトにも発達障害があったそうです。

 

天才肌に多い「発達障害」の傾向

 

こうして見ると、発達障害は飛び抜けた才能がある天才肌に多い特徴があります。

 

コミニュケーションや読み書きは苦手でも、こだわりが非常に強く、天才的な発明をするのです。

 

社会人でも発達障害者は社会的に活躍している方は

多く、個性が評価される時代といえます。

 

発達障害者が障害年金をもらい無理なく働く

 

発達障害者は会社で勤務しながら障害年金をもらうことができます。

 

当センターでは、社会保険労務士が障害年金の手続きをお手伝いしています。

発達障害による障害年金の申請・ご相談はお気軽にどうぞ。

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

 

社会保険労務士法人ファウンダー 札幌障害年金相談センター

受付時間 平日 9:00-20:00(土日祝も対応可)

連絡先 ℡:011-751-9885

所在地〒007-0849北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

関連記事

有名人から学ぶ、【発達障害】だからこその【才能へ可能性】

【発達障害】有名人の生い立ちから学ぶ【さかなクン篇】

【スティーヴン・スピルバーグ編】少年期のハリウッド伝説から見る「発達障害の価値」

【発達障害】窓ぎわのトットちゃん:黒柳徹子さん篇

【日本人男性編】発達障害の有名人・著名人

【日本人女性編】発達障害の有名人・著名人

【海外女性編】発達障害の有名人・著名人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)