【海外女性編】発達障害の有名人・著名人

発達障害者は歌やダンス、演劇などエンターテイメントの世界で多く見られる症状です。

 

今回は、世界的に活躍している女性有名人の発達障害者にクローズアップして行きましょう。

 

世界的に活躍している女性有名人の発達障害者

 

2009年、オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で一躍有名になったスーザン・ボイルはアスペルガー症候群であると公表しています。

 

アスペルガー症候群は特定の事柄に強い関心を持つ、対人関係が築きにくいといった特徴があります。

 

幼少時に脳にダメージがあるADHDと診断されたことがあったそうです。

 

シンガーソングライターのアヴリル・ラヴィーンも

子供の頃にADHDの診断を受けていると公表しています。

 

映画ハリー・ポッターシリーズで世界的なスターになったエマ・ワトソンも幼少期にはADHDの診断を受けています。

 

最も興行収入を稼いだ女優にギネス記録されるなど

世界が認める映画スターとして活躍されています。

 

ブリトニー・スピアーズは最も売れていた時代に精神的に不安定になり、ADHDと診断され、薬の服用を続けながら乗り切ったそうです。

 

働きながら発達障害者が活躍する時代

 

発達障害者はアメリカでは10人〜15人に一人の割合で抱えている障害です。

 

日本でも同様に働きながら活躍している発達障害者は多く、共存していく時代が来ています。

 

発達障害者は障害年金をもらうことで医療費の負担を減らすことが可能です。

 

当センター社会保険労務士が相談に乗っておりますので、お気軽にご相談ください。

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

 

社会保険労務士法人ファウンダー 札幌障害年金相談センター

受付時間 平日 9:00-20:00(土日祝も対応可)

連絡先 ℡:011-751-9885

所在地〒007-0849北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

関連記事

有名人から学ぶ、【発達障害】だからこその【才能へ可能性】

【発達障害】有名人の生い立ちから学ぶ【さかなクン篇】

【スティーヴン・スピルバーグ編】少年期のハリウッド伝説から見る「発達障害の価値」

【発達障害】窓ぎわのトットちゃん:黒柳徹子さん篇

【日本人男性編】発達障害の有名人・著名人

【日本人女性編】発達障害の有名人・著名人

【海外男性編】発達障害の有名人・著名人

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)