【日本人女性編】発達障害の有名人・著名人

「発達障害」は幼少期には症状が目立ず、大人になってから責任やプレッシャーが原因で症状が目立つことがあります。

 

見た目では分からず、知的レベルも高い方が多く、

芸能人や著名人にも多く見られます。

 

今回は、発達障害が見られる日本の女性有名人を見ていきましょう。

 

日本の女性有名人にも多い発達障害

黒柳徹子さんは日本を代表するエンターテイナーの一人です。

 

女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家と一言では言い表すことができな程に多彩なマルチタレントです。

 

幼い頃から落ち着きがなく、他の子の迷惑になる問題児と判断されて、小学1年生で退学させられた過去があります。

 

ご自身で計算障害と読書障害があることを告白しており、障害と向き合いながら才能を開花させました。

 

テレビでも人気のタレント、ミッツ・マングローブさんさんは「実は私、学習障害なの」とインタビューで答えています。

 

初舞台「DNA―SHARAKU」に出演した際に少ないセリフが全く覚えられなかったそうです。

 

学習障害は読む・書く・話す・計算・暗記などの特定分野で困難な症状が見られます。

 

経済評論家の勝間和代さんは以前からADHDという発達障害であることを公表しています。

 

発達障害は特別なことではないとテレビでサラリと発言したことがSNSでも話題になりました。

 

発達障害者が活躍できる社会

 

発達障害は芸能人やタレント、スポーツ選手、ビジネスなど、多彩なスキルを持つ方にも多いです。

 

現代は発達障害者が自分にあった環境で活躍することができる社会です。

 

「発達障害」 は障害年金の対象となる傷病であり、

就労しながら障害年金を受け取ることが可能です。

 

ただし、精神疾患の障害認定基準は曖昧になっており、仕事の内容や就労状況を判断されます。

 

当センターでは、発達障害の事例を数多く扱う社会保険労務士による相談を受け付けています。

初回面談は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

有名人から学ぶ、【発達障害】だからこその【才能へ可能性】

【発達障害】有名人の生い立ちから学ぶ【さかなクン篇】

【スティーヴン・スピルバーグ編】少年期のハリウッド伝説から見る「発達障害の価値」

【発達障害】窓ぎわのトットちゃん:黒柳徹子さん篇

【日本人男性編】発達障害の有名人・著名人

【海外男性編】発達障害の有名人・著名人

【海外女性編】発達障害の有名人・著名人

広告

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

社会保険労務士法人ファウンダー 札幌障害年金相談センター

受付時間 平日 9:00-20:00(土日祝も対応可)

連絡先 ℡:011-751-9885

所在地〒007-0849北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)