【日本人男性編】発達障害の有名人・著名人

最近は「発達障害」という言葉の認知度も高まっており、多くの日本の有名人も発達障害であることを告白しています。

 

今回は、日本の男性有名人を例にして「発達障害」の特性を見ていきましょう。

 

発達障害の定義

 

発達障害には、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害など多くの症状があります。

 

発達障害は脳機能の障害の一つであり、通常は低年齢において発現するケースがほとんどです。

 

日本の男性有名人にも多い発達障害

 

発達障害は有名人・芸能人・スポーツ選手にも多く見れます。

 

メジャーリーガー「イチロー」はアスペルガー症候群と言われており、毎日のルーティーンが徹底されています。

 

朝食は決まった時間に毎日カレーを食べて、野菜嫌いのため野菜なしの食事を徹底しているそうです。

 

元プロ野球選手でプロ野球監督の長嶋 茂雄さんもADHD(注意欠如・多動性障害)です。

 

不注意や多動性、衝動性などが現れ、子供の頃から落ち着きがなく、学校でも不注意で忘れ物などが多かったと語っています。

 

コメディアンで画家としても活躍されているジミー大西さんもアスペルガー症候群が噂されています。

 

人気シンガーソングライター米津玄師さんは20歳の時に「高機能自閉症」と診断されたと告白しています。

 

学生時代は脳の中枢神経系の働きに問題があり、コミュニケーション能力の発達の遅れが見られたそうです。

 

モデルやタレントとして活躍されている栗原類さんも発達障害であるとインタビューで答えています。

 

少年時代はコミュニケーションや記憶の障害、文字の習得が困難であったことを明かしています。

 

魚類学者・タレントとして活躍するさかなクンはADHDが多動と衝動性の症状が見られるようです。

 

これからは個性の時代!発達障害が活躍する

 

ご覧の通り、発達障害は個性的でユニークなキャラクター、そして天才肌が多いことに気が付きます。

 

今後は発達障害をオープンにして、個人の才能と個性を活かす時代がやってくるでしょう。

 

当事務所では、発達障害者が働きながらながら障害年金を受給するお手伝いをしています。

お気軽にご相談ください。

関連記事

有名人から学ぶ、【発達障害】だからこその【才能へ可能性】

【発達障害】有名人の生い立ちから学ぶ【さかなクン篇】

【スティーヴン・スピルバーグ編】少年期のハリウッド伝説から見る「発達障害の価値」

【発達障害】窓ぎわのトットちゃん:黒柳徹子さん篇

【日本人女性編】発達障害の有名人・著名人

【海外男性編】発達障害の有名人・著名人

【海外女性編】発達障害の有名人・著名人

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

社会保険労務士法人ファウンダー 札幌障害年金相談センター

受付時間 平日 9:00-20:00(土日祝も対応可)

連絡先 ℡:011-751-9885

所在地〒007-0849北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)