自己分析を面接で活かすためにどのように分析を行なったらいいのか?

自己分析を面接で活かす方法とは?

もしも転職を考えているならば、まずすべきことは、経歴の棚卸しである自己分析です。転職活動の中で自分自身の過去の整理をする意味と、自己分析した内容を面接で生かす方法はあるのでしょうか。

自己分析で何が分かるのか?

これまで自分が積み上げてきた経験、スキルにはどのようなものがあるか、一からの自己分析によって見えることがあります。自分自身がどんな業界に向いているか、どんな職種が適職なのか悩む人も多いのではないでしょうか。

面接では会社の即戦力になることをアピールしなければいけない

自己分析を行って、自分のことを知ることによって、面接でも自分のことを伝えやすくなるでしょう。面接で求められることは、自分は会社の戦力になりえることを、会って間もない人に伝えることです。採用担当者に向けて、自分は求人に記載されていた仕事の内容がこなせる人材であることを、理解してもらうことが大事です。

アピールする材料となるのは、自分を売り込むための自己分析の結果です。

仕事のを成し遂げた・失敗した過程や能力を分析するとアピールしやすくなります!

これまでの経験についてしか、面接の場では語ることがなく、自分を売り込む材料につなげられなかったという方もいます。今までした仕事がなぜ成功したのか、どのような能力が役立ったのかを自己分析すると、うまく整理することができるのではないでしょうか。逆に、うまくいかなかった仕事に対しては、自分のどんな点が失敗に関わっていたのか、改善する方法はなかったのかなどを調べていくことが大事になります。転職をする時には、自己分析を入念にしておくといいでしょう。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)