自己分析を一度で終わらせていませんか?自己分析の方法と終着点とは?

自己分析の重要度はどのくらいだと考えていますか?

自己分析をしっかり行うことが、転職の鍵を握ります。自己分析をきちんとしておくと、転職活動がうまくいきます。転職のための自己分析の具体的の内容とは、どのようなものなのでしょうか。

自分についてしっかり把握できていますか?

これまで自分がどのような経歴をたどっているかが、転職時には大事になります。キャリアの棚卸しを行うと自分の強みやこだわり、やりたいことがはっきりとします。

キャリアの棚卸しとは?

キャリアの棚卸しとは過去に自分がしてきたこと、自分のいいところなどを、一つ一つ挙げていきます。過去の経験や、評価の高かった物事などを、思い出してまとめてみます。これらのステップを踏むことで、自分にどういった能力があるかが見えてきます。きちんと自己分析ができない状態で転職をスタートすると、方向性が定まらず、迷走してしまうということも、よくある話です。自分の長所をはっきりさせるためにも、自己分析を行って、自分に対しての理解を深めましょう。

矛盾の無い結論を出しましょう!

なぜ自分は転職したいのか、どういう仕事がしたいのかというのも大事な自己分析の内容です。自分の行動は何を重視していきたいのかを改めて考え直し、一定の結論を出すことも、転職活動では重要なこといえます。

働きたい場所やエリアや給与のほか、待遇などについてもはっきりさせるのも転職のための自己分析のひとつです。細部まで確認し直すことによって、どんな仕事をしたいか、どんな企業で働きたいかが明確になります。

納得のいく答えが出るまで自己分析を繰り返し行ってみてください!

転職をする時には、自分が今までしてきたことをじっくり検討してみることです。短期間に何度も転職を繰り返す人の大部分は、転職するという意思を固める際の自己分析が不十分であったと考えられます。重要なことは、きちんと自己分析を行った上で、自分にはどんないいところがあり、会社にどんな形で戦力になれるかです。納得いくまで自己分析をして、転職の方針を決めましょう。様々な角度から自己分析をすることで、転職活動を達成することができるでしょう。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)