就職活動で情報収集にどの程度時間や労力を割いていますか?甘く見ていませんか?

就職活動の開始時期より効果を発揮するかもしれない要素とは?

就職活動の成否を左右する要素として、いかに的確に求人情報や企業の情報を集められるかがあります。情報を知っている人と知らない人では、大きな差が付くと言われています。情報を活かした就職活動ができるかどうかは、人より早く就職活動を開始しているかどうかよりも、場合によっては効果を発揮することでしょう。

情報の価値はどのように考えていますか?

情報の価値は、高いのです。就職活動を続けていると、多くの情報が舞い込んでくるでしょうが、ちまちまと情報集めをしていればいいということではありません。また有益な情報を得るには、時間をかけなければならないといいます。就職活動に役に立つ情報を得るために、手間をかけなければいけないことも少なくありません。

やあらなければいけないことはたくさんある!

就職活動中は、筆記試験の対策をしたり、面接の練習をしたりなど、次から次へとやらなければならないことに追われてしまう事があります。時間は有限ですので、その中で、効率的に情報を集めていかなければいけないのです。

役に立つ情報は情報の価値が高い?

本当に大事な情報を見つけなければ、採用までには至りません。役立つ情報ほど、手に入れるには困難を極めるといいます。情報を収集することに手間がかかるほど、その情報自体に価値がある可能性が高いということです。大まかな情報はネットで得られるとしても、会社の実情や、どんな人物を必要としているかについては、会社説明会で担当者の話を聞かないとわからないこともあります。

情報収集を効率的に行う方法とは?

説明会よりも、その企業で働いている学校の先輩の方を訪ねて直接話を聞くことで、説明会では聞けなかったリアルな情報が手に入ります。つまり知っている人に聞くことが、最も早道です。余り詳しくない人10人より、専門的な知識を持っている人1人のほうが、就職活動への影響が大きい情報につながります。

大勢の知っている情報と差をつけると優位に就職活動を行なえるかも!

様々な会社に足を運び、色々な先輩に会って、企業の内情について話を聞くことができれば、それだけ就職活動の方向性を明確にすることが可能になってくるものです。大勢の人が知っている情報では、他の人との差をつけることはできません。

まとめ!

就職活動をする時には、短い時間の中で、どこまで自分に役立つ情報を収集できるかが必要なことです。プロに聞くということは、忙しい就職活動では、ただ就活サイトを見ているだけよりは、はるかに有益な情報を得ることができます。

大変に感じるかもしれませんが、就職活動を成功させるためには、情報収集に骨を折ることです。インターネットや会社パンフレットで得られる情報だけでなく、こまめに人と会い、会社に足を運び、労を費やして得た情報を活用することで、就職活動の道は開けてくるのです。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)