Iターン転職ならではの志望動機の考え方知っていますか?「憧れ」を書いていませんか?

転職での最初の評価ポイント

転職ではどのようにして履歴書を書いたかは、非常に重大な要素となるでしょう。履歴書と職務経歴書は、最初の評価ポイントとなります。面接までたどり着くには、最低限書類審査をパスしない事には、その次に進めないのです。履歴書を見た上で、採用担当者は、実際に会うべき相手かどうかを見極めることなります。

Iターン転職の場合、Iターン転職に至った動機の記入も必要?

履歴書をつくるときに、どういった箇所に気を配ることで、Iターン転職をうまくやり遂げられるでしょう。履歴書の作成では、普通の転職活動時と同様、要点を押さえた履歴書にすることです。Iターン転職のために履歴書を書くなら、両者がうまくかみ合った動機が必要です。志望動機を固めるためには、Iターン転職を思い立つに至ったのはなぜかを、話せるようにしておくことです。

なぜIターン転職では動機も必要なのか?

一般的にはUターン転職が多いですが、Iターン転職は、全く新しい新天地での転職をするということになります。未知の土地で暮らすバイタリティと適応力を持っている人物なのかを、会社が気にするのは当然でしょう。Iターンすることへの意欲や、地方に就職する覚悟をチェックしているのです。

具体的な志望動機の考え方

Iターン転職で大事なことはたくさんありますが、その中の一つに志望動機をどうするかがあります。なぜこの仕事に就こうと思ったかということだけではなく、Iターンの動機を説明する必要があります。

「憧れ」は訴求力がない?

Iターン転職の動機が、都会を離れた地方に憧れたからや、スローライフに憧れたからといった言い回しでは、訴求力はありません。人によっては、現実と夢のギャップに気づいていない人ではないかと、ネガティブな評価を下されてしまう場合もあるようです。よりはっきりとした理由を用意しておくことが大事です。自らの能力や、できることを考慮に入れながら、Iターン転職の動機をまとめていきましょう。

今までの働き方とIターン転職後の比較をする

今までの働き方ではどこに問題があり、Iターン転職をすることでその問題がどう解決されるのかを明示するようにしましょう。そして、その上で、具体的な理由があるとさらに望ましいでしょう。具体的でポジティブな理由であることが、大事です。

以前の職場環境をけなすようなマイナスの言葉は、可能な限り使わずに状況を説明できることが望ましいでしょう。転職がうまくいったら自分にはどんなことができるか、そのためのどんな能力があるかなどを話題にするといいでしょう。

Iターン転職ならではの話題作り

Iターン転職の面接で使いやすい話題としては、企業そのものの将来性だけでなく、地域が持っている魅力や将来性を活かす生き方や、働き方をしたいといったことです。地方には逃避で来たというイメージを持たれないように、Iターン転職をする時には前向きな理由で志望動機を話すことができるように、内容をよく練っていくことが、成功への鍵を握っています。

第三者視点で内容を確認すると成功度がアップするかも?!

意外と、職務経歴書や、履歴書を書くのは、難しいものです。履歴書の作成に行き詰まったならば、ネットに公開されている例を参照したり、転職支援会社の添削や作成指導を受けてみましょう。第三者の視点で助言をもらって、履歴書の完成度を高めることによって、よりIターン転職の成功度がアップすることでしょう。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)