面接で使っている言葉正しい日本語ですか?一度改めて確認してみると間違っているかもしれません

面接でしてはいけない事ってどんなこと?

面接を成功させるために、しないほうがいいことは、どんなことでしょう。面接の場ではやらないほうがいいことは、数え上げるとたくさんあります。髪に触る、足を組む、腕組みをする、貧乏ゆすりをするといった行為はしないようにしましょう。

相手へ敬意を持った姿勢を表す

相手にマイナスのイメージを与える動きは、できるだけ控えるようにしましょう。緊張したり、そわそわすると、意識しないままにこれらの動作をしてしまう人もいますので、気をつけましょう。面接の時は、相手への敬意を持って話すことが大事ですので、足を組んだり、腕を組んだりといった姿勢はとらないようにしましょう。

言葉遣いは要チェック!

採用担当者の気を悪くさせないような言動や、動作をすることが、面接の時には重要になります。敬語は、面接の時には特に注目されることの一つとなります。その場に合った敬語が思い浮かばないままに話していると、うっかりため口になってしまい、面接をふいにしてしまうという人もいます。

丁寧にト考えすぎて変な日本語になっていませんか?

その反対に、敬語を重ねすぎて、聞きづらい言葉づかいになることもあります。敬語が過ぎる言葉遣いも、場合によっては慇懃無礼に感じられるものです。日常的に敬語を使う場面をつくって、敬語混じりの話し方をとちったりしないように気をつけることか、面接対策になります。つい、日頃と同じ話し方で採用面接時に発言してしまったという事態にならないようにしましょう。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)