就職活動での面接試験が通過しやすくなるポイントを知っていますか?

採用担当者は面接のとき何を見ているのか?

採用試験における面接試験とは、企業からも、求職者からも、正念場といえるようなものではないでしょうか。新しい職場を探している人からすれば、面接をうまく乗り越えて採用担当者にいい印象を持ってもらえれば、就職先が決定するのです。採用の可否を決める人は、面接の場で応募者と会った時に、一般的にはどのようなところを見ているのでしょうか。

まずは面接でどのような質問をされるのか推測しましょう

面接の重要性を踏まえた上で、対策を講じることがポイントになってきます。どうすれば、面接を成功させて、採用先の企業を決めることができるようになるのでしょう。面接では何を聞かれるか、相手企業は何を知りたいと思っているかを、おおまかに推測してみましょう。

面接の場で話を向けられたら、どんな話をするかをイメージします。多くの場合、採用者に対する大まかな期待感を、採用担当者は持っているものです。そのラインに入るように心がけることが、ポイントです。

質問の回答はオリジナリティがあるものが記憶に残りやすい

質問をされた場合の答え方についても、凡庸な答えや、教本に書かれていることをそのままなぞらないようにします。ですが、突飛な回答ばかりすることも考えものですので、相手の印象に残るような、状況に合わせた受け答えができるようにしましょう。

応募者が答えに詰まりそうな質問をすることで、応募者一人一人の個性を見極めようとするような企業も、存在すると言われています。採用のために、面接の準備を完璧に仕上げるのは大変です。

質問以外で評価されているのは見た目?

また面接の場では、質問にどのように答えるかも重要なことですが、それ以外の点でも、知っておくと効果的なことがあります。見た目は、とても大事なところです。外見で人を決めつけてはいけないといいますが、外見が他人に与える影響は大きなものです。

採用担当者は服装や清潔感などを観察しています。見た目の対策をすることは、採用の成否を左右します。

回答の内容だけではなく話し方も重要

話し方を注意することも、重要になります。ゆっくり話す人、終始早口な人、尻すぼみの話し方になる人、自信なさそうな話し方になる人など話し方はの違いは、意外と相手に与える印象を変えます。面接の場では、落ち着いた口調で、しっかりと自分の意見を話せるような話し方がいいでしょう。一緒に仕事をしていく上で、信頼性がある相手であると思えるような話し方をすることです。より長くこの人と話を続けていきたいと、面接の場で相手に思ってもらえれば、成功です。

採用担当者が気持ちよく面接をできる雰囲気を醸し出しましょう

聞き方が巧みな人であれば、面接の場で、担当の人が話をしていて心地いい気持ちになれると感じるでしょう。話しをしている時の表情や態度についても、面接では確認されています。緊張しすぎずに自分のことを話せるように、面接の場では相手のほうを見て話ができるように、気構えをした上で採用を目指すようにしましょう。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)