面接では質問の受け答えだけではなく質問したいことも準備しておくことが大切!

履歴書が良くても筆記試験が良くてもなかなか採用までこぎつけないのはなぜ?

就職活動を成功させるためには、面接を突破しなければなりません。履歴書の内容が立派でも、筆記試験が満点でも、面接に問題があれば、就職先を決めることは不可能です。この先、どういう生き方をしていくのかは、就職先がどこになるかと密接に関わっています。

面接での質問は可能な限りたくさん用意をしておく

企業サイドは、その人の人格を見るために面接という場を設けてしますが、面接を受ける立場としても、その企業に勤める人とじかに話すいい機会です。いくつもの質問を、面接の場ではされることになります。面接の場でよく聞かれる質問がありますので、ある程度は予想をつけて答えを決めておくことで、本番で即応的な対応がとれます。

質問したいことも考えておきましょう

基本的に、採用担当者が質問をして、応募者がそれに答えるという形になりますが、場合によってはこちらから質問をすることもあります。相手から水を向けられたら、知りたいと思っていたことを聞いてみるといいでしょう。

確認したいことはしっかり聞くことが大切!

待遇や、仕事の内容、これまでの説明の中にあった不明点など、気がかりなところは数え始めれば色々あります。今聞くことではないからと黙っていたら、話が先へ先へと進んでしまって、気づけばタイミングを逃してしまったということも珍しい話ではありません。

率先して行動できるという意思表示として活用しましょう!

遠慮して、質問をしないでいると、働くことに対して率先して行動したいという意思が見受けられないと判断されてしまう可能性もあります。面接を受ける前から、質問のタネになりそうなことを考えておくのも役立つかもしれません。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)