第二新卒は採用されにくいの?第二新卒で気を付けたい重要なポイントとは?

企業の第二新卒に対する考え方

第二新卒は、採用企業側からどのように評価されているでしょう。企業の第二新卒に対する考え方や第二新卒に対して求めているものを理解する事は、転職活動を成功に導く大きなカギとなる重要な事です。

第二新卒のデメリット

第二新卒にとって転職活動で気をつけなければならない点は、前の会社を短期間で退職したことをどう評価されるかでしょう。第二新卒であるというだけで、仕事が長続きしなかった人物と見なされることがあります。勤続年数の長い、古参の会社員は特にそういう印象を持つようです。ですが、第二新卒で転職活動をしている人が一律で見込みがないということはありません。

必ず聞かれる辞めた理由と転職先での目的

大切なのは何故辞めたかという理由と新しい転職先で何をしたいかという目的です。確かに3年も同じ会社で働く事が出来なかった事は事実です。なぜ3年も経たずに退職をしたのか、現在再び職探しをしているのか、人によって理由は様々です。

第二新卒の転職で重要なこと

具体的な転職活動に取り組む前に仕事で何をしたいのかをはっきりさせましょう。そして、新しい仕事を得たら真摯に取り組むという姿勢を企業側に示してください。

企業は、第二新卒者を採用するにあたり、働き始めて3年未満で同じように辞めてしまうのではないかという不安を感じているはずです。企業側の不安を払拭するような、新しい会社では3年以上働く意志がある事をはっきりと伝えることが、第二新卒の転職では大変重要なことです。

 

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)