就職支援に熱心な自治体!支援セミナーや転職フェアを活用して転職活動を成功させませんか?

就職の支援に熱心な自治体

自治体が転職活動を支援することがあります。過疎が進行している地方では、労働人口の不足から求人が有り余っている職業も存在します。国の屋台骨となる農業や漁業の継手で減少しつつあることも問題であり、就職の支援に熱心な自治体も多いようです。

労働人口の不足

Uターン就職や都会からのIターン就職を期待して、自治体主催の合同就職説明会などで転職支援をしている自治体もあります。支援セミナーを自治体が主催している場合、求職者の採用可能性を探っている企業がいることもあります。企業側と直接話をすることができますので、様々な話が聞けるでしょう。

人材が少ない介護福祉

介護や福祉に関する人材が少ないことが問題視されています。ハローワークなどでは、介護に関する仕事につく人が多くなるようにと転職支援を行っていることもあります。自治体だけでなく、地方の商工会議所が主催する説明会や就職フェアもあり、様々な支援を通じて人材不足の解消を図っています。

支援セミナーや転職フェアで新たな道へ

今まで考慮していなかった業種への道が開けたり、良い求人情報に接する機会があるなど、転職支援セミナーやフェアが突破口になることもあります。特にITや外資系の仕事は専門性からなかなか具体的な情報が入りにくく、転職しづらい分野だといえます。

転職に関する契機が、支援セミナーや転職フェアでの企業の出会いの中にあるかもしれません。今はまだ退職の予定が具体的に決まっていないとしても、転職支援のセミナーに行って情報を集めるという考え方もあります。

 

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)