終身雇用の時代は終わった今転職は何歳から考える人が多いの?転職は早いほうがいいですよ

終身雇用の時代

高校や大学を卒業してから、現在まで転職をせずに勤めているという方は大勢います。日本においては学校を出て最初に入社した会社に長く勤めて、途中で転職しないのが一般的な働き方であるとされていました。日本企業のほとんどは、採用した人を解雇せず、その人が定年になって身をひくまでは雇い続けるという仕組みになっています。

変わりつつある雇用のあり方

ただ近年、働き方の多様化によって、終身雇用という考え方が時代に合わなくなってきている面もあります。このような時代背景の影響もあり、この先もいま勤めている会社でずっと働いていくべきなのかどうかと転職について考える人も増えてきています。

転職のしやすい30歳前後

日本では、30歳前後が最も転職をしやすい時期だと言われています。そのため、30歳ぐらいで転職をする人が大勢いるといいます。

30歳前後とは、まだまだ将来性もあり、伸びしろもある時期であると同時に今まで働いてきた経験や実績をアピールしやすい年代です。30歳前後になるとその仕事を10年近く経験してきたことになり、多くの知識も得ていることになります。

転職のきっかけ

継続して同じ業種についていれば、次の職場でも十分に役に立てるぐらいの知識や実績が持てているでしょう。そのため、より高い待遇の会社やさらなるスキルアップを考える人が多くなるのも、理解が出来ます。また、これ以上年齢を重ねてしまうと転職がより難しいものになってしまうという点も、転職を考えるようになるきっかけの1つといえるでしょう。

若い人ほど、転職活動では採用されやすくなります。30歳前後とは、転職活動を成功させるためには、ギリギリくらいの時期といえます。

 

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)