仕事探しは自己分析から始めましょう!自己分析は一回だけで終わらせていませんか?

仕事探しのための自己分析

仕事探しのための自己分析についてです。納得のいく仕事探しの基本となるものが自己分析で、採用面接のときの自己アピールのためだけに必要なのではありません。

自己分析をする意味

自己分析というのは、何のために自分は働くのか、自分らしさがどんな職業なら発揮できるのか、自分の気持ちをまとめておくことです。きっちりと自己分析をしていないと周りの人が言有名企業だから、人が羨む人気企業だからというような情報に振り回されて仕事探しをすることになるでしょう。

自分の根本にあるものをできるだけ早く分かれば、その根っことなるものに合った仕事探しができるようになるので、より簡単に何をめざして生きていくかが発見できるでしょう。

繰り返し行うことが必要

たった1回で自己分析は終了するものではなく、何回も考え直すものだといえます。自己分析では、過去に自分がしてきた成果やどんなことにやりがいを感じてきたかを改めて問いなおします。

仕事探しにプラスになる新しい情報を、同時にどんどん集めるようにしましょう。

新しい価値観を知る

自己分析では自分自身をしっかり振り返ることも重要ですが、情報といっても1人の人間か持っているものには限界があります。

異なる業種の人や自分とは違う生き方をしている人の話を聞いて、自分時自身がどう感じたのかを見つめ直すことで自己分析をすることもできます。気が付かなかった自分の潜在能力や新しい出会いが、情報を得る中で見つけられることもあるようです。

丁寧な自己分析の結果を、仕事探しのプラスにしていきましょう。

 

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)