就職活動で会社に直接連絡をしていませんか?不利な条件で契約されてしまわないよう注意が必要です

直接の問い合わせは最低限に

就職活動に取り組む時に情報を得る手段は色々ありますが、会社に直接問い合わせる機会は最低限に留めたほうがいいでしょう。

就職活動での相談・問い合わせはどこに?

大学の就職課は、新卒者の就職活動を後押するための情報を提供してくれます。1度社会に出てから就職活動をすることになったら、人材派遣会社やハローワークなどの就職支援サービスが役立ちます。求人サイトや就職情報誌等でも就職活動の情報は入手することはできますが、こちらは就職活動に慣れている人向けです。

仕事先を探すときの注意

仕事先を探す時に注意したいことは、求人票に記載されている内容と食い違っている時は、会社側が立場的に有利だということです。就職活動のために企業と直接交渉を行う必要がある場合、意識しなければいけないことは、会社のほうが明らかに立場が高いことです。

求人情報と実状の差

会社のホームページに求人情報が掲載されており、応募したけれど、いざ働いてみたら求人内容と待遇との間に大きな差があったという話も耳にします。実際に仕事をスタートさせてから社内でのトラブルに発展したけれど、会社の中には味方になってくれる人がいなかったという場合もあります。

直接問い合わせないことのメリット

ハローワークや人材紹介会社を間に介して就職活動を行うことで、第三者のいる状態で話を進めることが可能になります。基本的には労働者を支援してくれるので、会社との雇用条件において不利な状況に追い込まれた時に助けてくれます。

まとめ

転職活動の経験がない人や学生のうちは、ハローワークや就職課のサポートを上手に使うようにしましょう。スムーズに就職活動を行い、成果を上げるためには、自分にとってプラスになりえる情報をどのような形で活用するかがポイントといえます。

 

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)