働き方改革とは?基礎知識を解説

現在の日本は働き方の多様化に伴い、労働に関する多くの問題と課題を抱えています。

国民の一人ひとりが個性や特性を活かし、活躍できる環境を整える必要があります。

「働き方改革」は、まさにその問題解決を図る一つの手段です。

 

どうして働き方改革が必要なのか

働き方改革とは、現状の労働問題を解決するための運動です。

2019年、政府が「働き方改革推進法」を施行したことにより、知名度を一気にあげました。

「長時間労働の是正」「非正規雇用の格差改善」「多様な働き方の実現」を改革の3本柱としています。

働き方改革をせずに何の対処もしない場合、日本は深刻な「人材不足」に悩まされます。

高齢化が進み、生産人口が減少しているため、すでに働き手が減っています。

以下引用

大企業では、34歳以下の若手の確保に成功(入職率が高く離職率が低

い)しており、こうした若手が労働力の主力となっているが、

中小企業では、若手の確保が出来ておらず(入職率は高いが離職率も高

い)、むしろ60歳以上の層に労働力を頼っている面がある

引用元:厚生労働省「人出不足の現状把握」https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11601000-Shokugyouanteikyoku-Soumuka/20141111-3_1.pdf

 

職種も多様化しており、少ない人材は企業で取り合うように。

結果的に中小企業は慢性的な人出不足です。

 

働き方改革をするための課題は?

働いた経験のある方であれば誰にでも、「残業」「待遇」の経験と不満があるはずです。

まずはこの不満要素の改善が、最優先に着手されるべきです。

また、労働人口そのものの不足も問題です。

人口そのものが減少している日本では、労働の対象者を広げる必要があります。

 

これからの働き方改革

今は必ず会社に出勤しないと、仕事にならない時代ではありません。

政府を含めてテレワークを推奨し、在宅での過ごし方を提案している企業や宣伝がたくさんあります。

仕事をする場所や時間に縛られない働き方は、労働者にとって魅力的です。

働き口を増やし、労働人口を増やしてくれるでしょう。

また日本で遅れている「男性の育児休暇の取得」にもメスをいれるべきです。

子育ては女性が行い、男性は外で働くと考えている人は減りました。

しかし男性が育児に関われているのか、それは別の問題です。

女性も社会でしっかりと働き、男性も育児に参加することは、働き方改革を進めるための重要なポイントです。

 

まとめ

働き方改革を進めることは企業にも労働者にとっても、お互いがメリットを生み出します。

多様化する社会に「選択」という自由をより広げるためにも、働き方改革の推進は急務といえます。

 

《関連記事》

【新型コロナウイルス】発熱で会社を休む場合、「欠勤」扱いとなるのか、「休業」扱いとなるのか

【コロナ関係】売上低下も雇用継続の為、従業員に休業手当を支給

コロナによる【テレワーク勤務】法整備はできていますか!?

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

《メルマガ登録》

メルマガ登録は、こちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)