日本の企業はなぜ新卒採用を好むのか知っていますか?企業側と学生側から見た利点を紹介します!

なぜ日本の企業は新卒採用に力を入れているのか?

新卒者を対象とした求人を出している企業は多く、採用枠は拡大の一途をたどっています。不景気の影響で新卒の採用を控えてい会社も、採用を開始している影響が考えられます。では中途採用ではなく、何の職歴もない新卒者を採用する利点とは、一体どういったものでしょう。

企業にも学生にもメリットがある

新卒者を採用する企業は多いですが、日本の雇用システムにおいては長年、新卒の学生を採用することを前提とした会社の組織を構築するシステムが取られ続けてきたという背景があります。新卒に対する採用枠を毎年一定数もうけている企業が多いのは、会社サイドからしても、学生サイドからしても、長所が多い仕組みだからです。

学生から見た新卒採用の利点とは?

新卒の学生からすれば、新卒者を採用する企業の仕組みがあることで、社会人経験がない段階で仕事につくことが可能になります。一定の経験や、技術を持っていなければ、会社に就職したくても就職できないことが、海外では当たり前の就職事情です。

社会で働いたことがない人でも、新卒ならば採用の対象になる日本の就職システムは、学生にとっては都合がいいものです。今まで、社会で働いたことがない人でも、まずスタートを切ることができるのです。給与をもらいながら研修などを通じて、少しずつスキルアップをする事が出来る仕組みが、日本の会社には整っており、その仕組みが一般的となっています。

企業から見た新卒採用の利点とは?

1、コストが安く済む

企業側から見れば、社員を教育する時にかかる費用が安くすみます。新卒でまとまった人数を採用すれば、皆、知識レベルや、教えるべき内容は同じようなものになりますので、最初のうちはひとまとめに社員教育ができます。転職採用は、採用する予定の一人一人に対して別々の日程を組むことになりますが、新卒に対しては、何人かをまとめて面接や採用手続きをすることができます。新卒を採用することにすれば、毎年、決まったルーチンの中で面接や採用の合否判断をすることがてきますので、合理的な人材確保ができます。

2、学生時代に培った経験や知識を持っており、新たな知識の習得も早い

学業で培ったノウハウを使える状態にあるためです。使わずにいれば、記憶は徐々に摩耗していきます。卒業して間もない状態の人ならば、学生時代に授業で得た経験や知識を、そのまま持っているものです。未知の事柄を体験し、新たな知識を取得してもらうには、年配の人よりも若い人のほうが適していることがあります。

3、テキパキ供御れる可能性が高い

年齢による変化を回避できる人はいません。身体スキルや、頭の回転がいいつもりでも、年齢を重ねるにつれ、自覚できない部分で能力は低下していきます。ですが新卒なら若いので、物事を早く覚えられますし、テキパキと行動できます。社会構造はどんどん変わってきていますので、スピーディに動き、順応性のいい新卒者は貴重です。

4、会社の求める人材として育成しやすい

社会人として働いた経験が乏しい新卒者は、会社の色に染めやすく、その会社が求める人物像に近づきやすいともいいます。新卒者が会社に加わると、社内のムードをよい方向に変えることが可能です。若者ならではの雰囲気が、会社に新しい風を吹き込みます。新卒者が加わることで、年上の社員達は模範となれるように意欲が高まりますし、新卒者はそれを見て真摯に仕事に取り組むようになります。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)