面接ではどのようなことに気を付けていますか?必ず押さえておかなければいけない事!

面接はどのような企業でも確実に行われる

もしも、これから転職を検討しているなら、面接を突破することが避けて通れないことを覚悟しておくことです。経験なども評価の対象であり、選考時にはとても大切になりますが、転職活動における面接試験では、良い印象を与えることが重要です。

あらかじめ、面接の準備をしておいて、採用担当者に好印象を持ってもらえるように意識しておくことです。

第一印象は面接の第一歩!

第一印象がよいものになるようにすることが、面接対策の第一歩です。面接の相手にいい評価をしてもらうためには、身だしなみを整えることがとても大事です。相手を評価する際に根拠となっている部分の多くは、最初にぱっと見た感覚になります。だらしない部分がないようにして、すっきりと整った見た目になるように、衣服や、髪の毛、ひげや持ち物を整えます。面接を受ける時に、聞かれたことにどう答えるかも大事ですが、身だしなみや、持ち物、服装なども大事です。良い印象を与えられるような髪型や服装で面接に行くことができれば、面接で成功する確率がアップします。

見た目の次に注意すべき点!

見た目を整えることだけでなく、言葉使いや挨拶、所作なども大事です。また、目上の相手に対してとるべき態度なども再確認しておきましょう。

当たり障りの無い回答をしていませんか?

相手からネガティブな印象を持たれたくないからと、問題のなさそうな答え方しかしないでいると、面接では没個性で終わってしまいます。答えにくい質問をされたとしても、その質問に対してどのようなリアクションをする人かどうかを、会社側は採用の根拠にするために探っているものです。

自分の価値観をポジティブに伝えることが重要!

自分という人間の価値観をきちんと言葉で表現することが重要です。中途採用の場合、面接では、転職の動機や、前の職場をやめると決めた理由を聞かれることが多いですが、どういった答え方がベストでしょう。

転職の動機はポジティブな理由を伝える

前職を辞めた理由の答え方が良くないと、当然印象が悪くなりますから、誤解を与えないような表現で伝えることが大切です。人間関係の悪化や、現在の職場への不満などを、転職の動機として挙げるのは、よくない場合があります。今後のキャリアアップのためや、自分の能力を活かしたいからといった、ポジティブな理由を挙げるようにしましょう。

最後に聞かれる「質問はないですか」にはどのような姿勢で答えていますか?

最後に質問はないですか、と面接のラストで聞かれるパターンも少なくありません。何もありません、と答えると、自分のことを相手に見せる機会わ棒にふってしまいます。質問はないかと聞かれたら、採用後を想定した質問をするなどして、この会社で仕事をしたいと考えているという態度を相手に見せることが大事です。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)