転職活動にかかる期間はどのくらい?早く始めすぎないようご注意ください!

転職活動はどのくらいの期間が必要なのか?

もしも転職活動をスタートさせるなら、大まかなタイムスケジュールを組んでみることが大事です。求人票を吟味して、応募所類を作成し、採用面接を受け、内定をもらって転職を完了させるまでには、3、4カ月はかかるものでしょう。

3、4か月って具体的には内訳はどんな感じ?

具体的には各ステップが1週間程度で進んでいくといったイメージが一般的です。とはいえ、具体的な進行の仕方は、会社や、募集によっても違います。もうひとつ転職活動の期間で要注意なのは予想より早すぎて困ることがあることです。

企業によって働き始めまでの期間が異なる

会社によっては、今すぐ人員を増やしたくて募集を出すことがあります。企業は3カ月後から働いてほしいという意向があるけれど、自分は半年後からでないと働けないということになれば、すりあわせなければ不都合が出てきます。

何か月前から転職活動を始めたらいいのか?

ある程度は融通がきく企業もありますが、多くの場合は3~4カ月後から働くという状況を想定して、転職活動をすることがポイントになります。転職活動を始める前にキャリアのたな卸しと自己分析をすることが大切です。これまでどういった仕事を経験してきて、どんな実績があり、将来的にどんな仕事につなげたいかを紙に書いて整理します。

自己分析だけでいいのか?

第3者から客観的な意見を聞いてみることも大切です。移動料金や、身だしなみにかかる費用など、転職活動をしている時は物入りになりがちですので、金銭的な対策も立てておくことです。

では少しでも円滑に転職活動を行うには?

円滑に転職活動を勧めるために大事なことは、どんな方法で有用な求人情報を集めてこれるのかです。インターネットの求人サイトが、求人情報を探すにのとても便利なっています。仕事をしながら転職活動をする人にとって、24時間アクセスできる求人サイトは非常に便利です。

転職活動のサポートがあるサイトを活用する

求人サイトから直接、応募ができるところもあります。人材紹介会社に転職活動をサポートしてもらうのもおすすめの方法です。一般的に公開されていない求人情報を照会してもらえることもあります。人材紹介会社に勤めている人が、転職活動の相談にのってもらえます。お金を請求されることはありませんので、気軽に足を運んでみてください。

転職フェアに参加してみる

新しい人材を採用したい企業が集まって開催される催しが転職フェアです。企業ごとにブースがあり、話をする機会が得られます。職場のムードもわかりやすいでしょう。

紙媒体の求人情報の活用

新聞の広告欄に、求人が掲載されていることも少なくありません。地方紙をとることで、Uターン、Iターンに役立つ情報を得ることができるでしょう。転職情報誌も転職活動中の情報源になります。業界別、職種、地域別で掲載されているので気軽に希望に合う企業を見つけやすいでしょう。同じ業種同士の求人情報を見比べられることも、求人情報誌の魅力です。

ハローワークの利用もしてみては?

転職活動をするときに、ハローワークも利用することができます。退職した人だけではなく在職中でも実は利用できるのです。転職活動を達成するためには、使えるものはどんどん活用していきましょう。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)