転職活動の自己PRの作り方悩んでいませんか?ポイントを押さえてより良い自己PRを!

自己PRは転職活動の成功を左右する重要なポイント

どのような自己PRをするかは、転職を達成するための大事な要素であることは、よく知られています。どのような自己PRが、転職活動の成功確率を高めることが可能になるのでしょうか。

自分を他の人と差別化するセールスポイントを探す

一般的な自己PRでは、今までの自分の経歴と、スキルや実績に合わせて、転職に至った考え方などを面接の場で相手に伝えることになります。自己PRは、応募先によってセールスポイントを変えるようにしましょう。そして、とくにネットからの応募ではいかに自分を差別化するかを、考えて自己PRを作り上げましょう。わかりやすく、すっきりまとめた文章にしましょう。

実績と経験が今後どのように活用していけるかをアピールする

会社が欲している技能や技術をメインに据えて、アピールポイントが明確になるような自己PRをします。過去に自分がしてきたことを折り込みながら、自分自身を相手に売り込んでいきます。過去の実績や、やり遂げた内容などをまとめて、相手に伝わりやすい形に整えて、自己PRをまとめます。自己PRでは、過去に積みあげてきた実績が自分のこれからにどんなふうに関わっていくかということも、主張しましょう。

短所も多方面から分析し自分の価値を企業にアピールする

自分が持っている良さが、今後の仕事でどんな形で活かされていくかも、主張要素になります。自分の短所も、ネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに考えて、セールスポイントにしましょう。自己PRでは、今保有している技能や資格なども役に立つでしょう。転職を成功させるには、自己分析をしっかり行い、効果的な自己PRにつなげることで、自分の価値を企業に伝えます。

未経験の業種へ転職を希望している時の自己PRはどのようにしたらよいのか?

未知の業種へと転職を考えている人は、どんな自己PRが効果があるかわからないことがあります。実際のところ、未経験の職種に転職するのは簡単ではありません。それでも未経験分野へ、転職を成功させた人もいます。

経験のある人は融通が利きにくい可能性があるとも言える

自己PRをどのように組み立てるかで、企業に対して自分を売り込めるかが決まります。どのような形であれ、会社は人材という戦力を必要としています。経験がある人はある人で、現場を硬直化させてしまうというリスクがあります。

経験がないからこそ有益な行動をとれる可能性がある

今でその仕事をしたことがない人のほうが、先入観を持たずに、会社にとって有益な行動をとるかもしれません。自己PRでは、この会社でなければという意気込みを伝える必要があります。インターネットなどを活用して、企業についての情報収集をきちんとしましょう。

企業が欲しい人材について研究しましょう!

自己PRを作成する時には、その企業が欲しいと思っている人材と、自分との一致点を探します。加えて今まで経験したことを結び付け、相手のメリットを考えて自己PRをまとめましょう。自己PRをすることで、経験者を採用するよりもメリットが大きいことを主張するわけです。転職を達成するために、自己PRを重視してください。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)