あいさつも採用試験で見られていること気にかけていますか?採用担当者が受ける挨拶からの熱意

優秀でもマナーがなっていないと採用されない?

マナーを守った行動は、面接中は不可欠のことといえます。どんなに優秀な人材だとしても、一緒に働くには難がある性格だったら、まず採用はされません。面接の時に評価されるところは、聞かれたことにどんなふうに答えるかだけでなく、人間として立派かどうかも含みます。

まず一番に見られるマナーはどんなもの?

面接をする側としても、応募者がどんな人物かという中に、マナーができているかという分も、含まれているといえるでしょう。マナーができた人かどうかを見る時には、挨拶が行き届いているかなどを見ているようです。面接を受けに行く時には、会社の人とは初対面になることが大きいですから、最初のあいさつは肝心なことです。

あいさつも意外にチェックされている

応募動機をまとめることや、自己分析を済ませておくだけでなく、あいさつの内容も決めておけば、スムーズに面接を受けられます。どんなことに気をつけてあいさつをすることが、上手に行うコツなのでしょうか。随所に、この職場で働きたいという意欲の高さをみせながら、面接の開始時と、終了時には、あいさつやお礼の言葉を言うことがポイントです。

あいさつや話し方も熱意のアピールとなる

なかなか採用がもらえない人は、聞き取れない挨拶や、語尾が尻すぼみになるようないいかげんな挨拶しかできていないことがあります。この会社で働きたいという気持ちが感じ取れないような人を、採用したいと考える人は、まずいないものです。

だらしのない服装はしないこと、乱暴な言葉遣いや態度はとらないこと、時間を守って行動することは、社会人としては基礎的なことといえます。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)