現代の若者の就職観はどんなもの?転職してしまう理由が見えてくる

幼少期の就職観の形成

どんなバックグラウンドから就職観が形成されるのでしょう。多くの場合、家族や親しい人のものの見方が関わっています。幼少期に働くことをマイナスに捉える意見を多く聞いていると大きくなってからも働くことに対してマイナスな価値観を持ちがちです。子供が働くことをネガティブな印象で捉える背景には、親が働くことをネガティブな感想と共に話していることがあります。

未成年のうちから就職観についての言葉を聞いていると当人のものの考え方とは別次元で、就職観ができてしまうのです。

会社組織の活性化を担う若者

どんな就職観を、現代の若者は持つようになっているでしょう。会社から見れば、若い働き手は、会社組織の活性化を担う人材となります。若い人達がどんな職場で働きたいと思っているかを知るためには、若者の就職観を理解することが先決です。

若者たちの就職観の共通点

若者達の持つ就職観には様々ですが、共通点としては、自分が認められる環境は自分でつくる必要性を感じており、自分の希望に合う場所を求めていることがあります。

今の若者が子供だった頃とは、年功序列や終身雇用など、かつての制度が根底から揺らいでいだ時に相当しています。そのため、彼らの価値観の中には、定年まで一つの会社で働くというモデルがないようです。一つの企業にずっと勤めるという形が保障されていない状況では、自分のいるべき場所を働くことやその他の方法によってつくっていきたいと思うようです。

各世代の考え方の特性

各世代によって、就職観のバックにあるものは違っています。人材を必要としている企業にとっても、各世代の考え方の特性を知っておくといいでしょう。

 

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)