なぜ20代と30代で転職のアピールポイントを変えなければいけないのか?

年齢によって方針や戦略を変える

転職活動では、年齢によって方針や戦略を変える必要があります。35歳転職限界説というフレーズがあった時代がありました。今では職を変えることは珍しくなくなり、35歳を過ぎての転職を成功させる人も大勢います。とはいえ、30歳になってからの転職は、20歳の頃と同様な転職活動をすることはできません。

「経営者目線」が武器になる

企業が出す求人数は、35歳以上は減少します。会社内の異動で人材を埋めることができるためです。年齢を意識した転職活動ができなければ、30歳を過ぎてから転職をすることはできません。

20代のうちは、自分の能力ややりたいことを履歴書に書いて転職活動をします。これが30歳代になってからの転職活動では、これまでの実績や会社にどんな面で役立てるかがポイントです。

経営者目線で会社のことを考えることができる人材であることが、30代になってからの転職活動では武器になるのです。

今までになかった変化にさらされる

30代に入ってからは転職をすることも大変ですし、20代のうちには経験していないような問題も起きるようになります。生活を安定させたいと仕事を変えたら、今までになかった変化にさらされるということもあります。自分の年齢を加味した上で、本当に転職をすべきかを考えることも大事になります。

 

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)