海外での就職を希望する場合は何に気を付けなければいけないのか?

海外の就職情報は何でチェックしたらよいのか?

海外の就職情報がチェックできる雑誌やサイトで、海外の仕事を探すことができます。ハローワークや、国内企業を対象とした求人サイトは、日本の仕事を探したい人向きです。海外で仕事を探す場合は、そのための求人情報を掲載しているサイトを探す必要があります。

国内の求人サイトと同じように紹介をしてくれる

まずは、海外の仕事の求人を掲載しているような雑誌や、サイトを探すところからスタートしましょう。海外の企業を紹介する紹介会社は、海外で働きたい人と、海外で働いて欲しい人がいる会社とを、つなぎ合わせる役割を果たしています。海外企業と、仕事を探す人との、条件が折り合う組み合わせを紹介してくれます。

人材紹介会社はどのようなもの?

人材紹介会社は、企業側から手数料を受け取って経営を維持しています。企業が望む人材を採用できた時に、紹介会社に対してマージンを支払います。こういった海外の仕事の紹介会社もきちんとした会社も、たくさんあります。しかし、その反面、悪質な紹介会社もいるので、利用する際は注意しなくてはなりません。

質の悪い人材紹介会社もある!?

質の悪い人材紹介会社は、海外で仕事をしたいという人に、まず語学力の程度を確認します。海外の会社を斡旋するのではなく、海外留学をすることで、海外での仕事探しの足がかりにさせようとするのです。よりよい条件で海外の仕事を見つけるために、語学留学が役に立つという形でセールスをしてきます。

海外留学を紹介することで、紹介した会社には相応のマージンが入りますので、会社は自社の利益のために、海外留学を勧めているとも言えます。一定期間海外に留学すると仕事を紹介しやすいという言い方をされたりしますが、鵜呑みにしないように気をつけましょう。

人材会社の信用性は過去に利用した人の経験談を参考にするとよい!

正社員の可能性がある仕事として、インターン留学を勧めてくるような会社もあるようです。確かに、海外で経験をつめるというメリットはありますが、その後の就職につながる物ではない事もあります。海外留学や、海外インターンシップの利用がもともと視野に入っている人ならともかく、仕事探しが目的ならばその会社はちょっと問題です。安心して相談できる人材紹介会社かどうかを知るためには、既にその会社を利用して海外での仕事を見つけたような人の経験談を参考にすることです。

日本の感覚で就職活動をしないように注意しましょう!

目当てのサイトがあったなら、履歴書の作成方法や、応募の手順などについてチェックしてください。日本の感覚で就職活動をすると、うまくいかないことがあります。海外で仕事をするためには、どうすればいいか、調べておきましょう。履歴書の作成手順一つとっても、国内企業と、海外企業とは異なる点がいろいろあります。書類の選考がうまくいったなら、次は担当者との面接をする必要があります。

日本語が通じないと交渉ができないこともあるので注意しましょう!

相手企業との交渉や、面接で話す時などは、日本語では通用しないというケースも多いようです。言葉が話せるかどうかは、海外で仕事をする上ではとても大事です。相手国の言葉が話せなければ、基本的な交渉もできない場合があります。自分の語学力を客観的に提示できるように、語学検定を受けておくことも必要です。

コミュニケーション力を身に着けて自己発信していきましょう!

海外で仕事をする時には、コミュニケーション力がしっかりある人物であることを、企業は見ることが少なくありません。外国語をしゃべることができるだけでなく、相手と話合って、考えを伝え合うことができるような人は、海外での仕事を得る機会が多いといわれています。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)