面接に正解はないの?中途採用の面接を受けるときの重要な姿勢とは?

就職活動の成功に欠かせない面接

就職活動を成功させるには面接攻略が必要です。企業側も実際に就職希望者と対面し、さまざまな角度から特徴や性格、適性などを確認します。筆記試験と異なり、面接ではこれが正解だというものはありません。

面接には正解はない

会社が必要としている人物と応募者とのマッチングがなされるかどうかが重要になります。会社によって面接のスタイルは異なり、質問内容も違いますが、大まかには似通った傾向があります。

自身を会社にアピールする場として自己紹介の時間は最大限に使いましょう。2分で自己紹介をするようにといった大まかな制限がありますが、言い漏らしの内容事前に伝えたい項目を考えておきましょう。

なぜこの会社がいいと思ったのか

面接での定番質問として「なぜこの会社がいいと思ったのか」という志望動機を聞くものがあります。この業種を選んだ理由だけでなく、具体的にその会社を選択した決め手は何かを答えるようにと言われた人もいます。

中途採用ではいかにポジティブな姿勢を示せるかが勝負

中途採用の就職試験では、前の会社を辞めた理由や前の会社での実績などが問われることもあります。自己都合や会社の人員整理で退職をせざるをえなかった人などは、面接でいかにポジティブな姿勢を示せるかが大事です。一緒に就職試験を受けるという人がいる時は、面接の場で少しでも有利な位置につけなければいけません。

自分のスキルや人物像をしっかり相手に見せること

就職試験の最後のハードルといえる面接で失敗しないためには、自分のスキルや人物像をしっかり相手に見せることです。

この投稿記事についての《問合せ》は

●「こちらのフォーム(メール)」でお申込み下さい。

社労士相談ナビ

所在地 〒007-0849 北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

連絡先 011ー751-9885

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)