障害年金と生活保護は一緒に貰えない?

生活保護に上乗せで障害年金を受給することはできません

原則、生活保護を受けていると、生活保護費から障害年金の額が差し引かれて支給されます。受け取る金額的には変わらないことにならいます。

ただし、障害等級が1級や2級相当だと、生活保護費が加算されるようです。

そもそも生活保護とは

国が生活に困っている世帯に対して最低限の生活保障をすることで、自分で自分の生活を支えられるように援助する制度です。

世帯収入と最低生活費を比べて、最低生活費に足りない分が支給されます。

収入とは、年金・手当・給料(子供のアルバイト収入や金券等の現物支給されたものも含む)・仕送り・保険金・その他の臨時収入など、世帯全員のすべての収入を合計したものです。

障害年金は、非課税とは言え、ここでいう「収入」に該当することになるので、上記のような結論となります。

【補足資料】生活保護の基準表(札幌市:令和元年10月~)

障害年金を認定日請求(遡及請求)した場合は?

障害年金を遡った期間の内、生活保護を受けていた期間と重なる期間については、原則、障害年金の金額分を返還しなければなりません。

遡及分も全額返還する訳ではない

上記のような場合、認定日請求をした遡って受給した障害年金を全額返還しないといけないかというと、実は必ずしもそうではありません。

経費として認められる部分については返還の対象となりません

経費に対する考え方は、ケースによって異なる場合があるようですので、担当窓口とやり取りした方が良いと思われます。

 

札幌市での障害年金の無料相談はこちらへ

 

社会保険労務士法人ファウンダー 札幌障害年金相談センター

受付時間 平日 9:00-20:00(土日祝も対応可)

連絡先 ℡:011-751-9885

所在地〒007-0849北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA