従前にない「伝播の速度」と「到達度」で「知識が適用」されたことによって、何が引き起こされたのか?

1750年から1900年までの150年間に、資本主義と技術革新は世界を征服し、新しい世界文明をもたらした。

資本主義と技術革新そのものは新しくなかった。

いずれも、あらゆる時代を通じ、洋の東西を問わずあらゆる地域で見られた。



しかし、この150年間の資本主義と技術革新は、その伝播の速度と、文明、階層、地理を越えたその到達度において例がなかった。

まさに、伝播の速度と到達度こそが、資本主義をまさに資本主義に変え、一つの体制に変え、技術革新を産業革命に変えた。



この転換は、知識の適用によってもたらされた。

東西両洋において、知識とは常に存在に関わるものだった。ところが一夜にして、それが行為に関わるものとなった。

知識は資源となり、実用となった。

常に私的な財であった知識が、ほとんど一夜にして公的な財となった。(「プロフェッショナルの条件」より)



【考 察】

1,「伝播の速度」及び「到達度」については、現代の方は悠に凌ぐものとなっている。

2,「知識の適用」が、従前の「資本主義」、そして「技術革新」を「産業革命」に転換させた。

3,「知識労働者」は、「知識を適用」とすることが本来業務なのではないか。



上記2つを鑑みると、次のようなことが言えると思う。

今、実行している「知識の適用」は、明日には時代遅れになっている可能性がある。

その為、常に最新情報を「情報収集」をし、新たな「知識の適用」についてトライ&エラーを繰り返し、自社に適切なものに差し換え続けなければならない、ということを意味していると思う。

プロフェッショナルの条件 はじめて読むドラッカー (自己実現編)

新品価格
¥1,426から
(2021/11/4 21:06時点)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)