知識経済下における「知識労働者の帰属先」は勤め先ではない!?

知識労働者の帰属先は、雇用主たる組織ではなく、自らの専門領域に成らざるをえなくなる。

彼らにとって、コミュニティとは自らの専門領域そのものとなっていく。(中略)

専門領域への帰属意識をますます強めている。(中略)

これからの組織、特に企業を変えていくものは、技術や情報やeコマース(電子商取引)の発展よりも、 むしろこの意識の変化である。(「プロフェッショナルの条件」より)



動画はこちら↓↓



プロフェッショナルの条件 はじめて読むドラッカー (自己実現編)

新品価格
¥1,426から
(2021/11/4 21:06時点)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)