古来から活用され続けている『孫子の兵法』とは!?代表的なビジネス活用術とは!?

『孫子の兵法』とは

『孫子の兵法』は今も活用されている!?

『孫子の兵法』とは、中国春秋時代の軍事思想家「孫武」が作ったとされる兵法書です。

孫子の兵法中国春秋時代とは、かの有名な『三国志』の時代よりも古い時代です。

<付録>

「三国時代」(三国志の時代)は、184年~220年

「春秋時代」は、紀元前771年~紀元前453年(諸説あり)

そんな古い時代に作られたものですが、現代のビジネス界でも活用されているというのは凄いですよね。

きっと「本質」をついた話だからではないかと思います。

ご存知ですか?大昔に作られた『孫子の兵法』は今尚活用されてる!?

現代ビジネスでの活用法とは

活用例ではありますが、理解しやすい代表的なものを5つ紹介したいと思います。

ビジネス活用術5選

1,中間管理職へのヒントが盛り沢山

2,時間管理の認識を学べる

3,交渉術を学べる

4,合理的な考え方を学べる

5,正しい決断を下す考え方を学べる

それぞれを見て行きましょう。

1,中間管理職へのヒントが盛り沢山

元々が将軍やそれに近い立場の人向けに作成されたものである為、現代的に君主を経営者・上司、兵を部下と置き換えて学ぶことができます。そうすると、多くのヒントが隠されていることが解ると思います。

2,時間管理の認識を学べる

『孫子の兵法』では、時間の経過を感じさせられる場面があります。この時間をどう活用すべきなのか、学ぶヒントが沢山あります。

3,交渉術を学べる

『孫子の兵法』では、正攻法でない戦い方や直接的な衝突を避けるべきことが随所に書かれています。営業や会議などの場面で大いに活用できるはずです。

4,合理的な考え方を学べる

合理的な考え方を学ぶことで、不必要な人間関係の問題を抱えることを避けることができます。

5,正しい決断を下す考え方を学べる

人間の感情的な行動ではなく、体系だった戦略を思考することを学べます。

まとめ

『孫子の兵法』ほど、読む側の応用力が問われる書物はないかもしれません。

ご自分にとっての独自の解釈をしていけるのも、『孫子の兵法』を面白味でもあり、成長ができる素にもなる。

マジに使える!?大昔の『孫子の兵法』の活用をご紹介!?

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)