自社の主力製品を見誤ってはならない

いかなる企業にも、他の製品の販促品や付属品という、本業の主力製品ではない製品がある。

それらの製品に対して、主力製品と同じ基準を適用することは、間違いをもたらす。

それらの製品は、販売促進効果など、主力製品に対する貢献によって判断しなければならない。

逆に企業によっては、製品をセットとして販売し、製品本体の方を販促品や付属品とみなしていることがある。

(「創造する経営者」PFドラッカー)

⇒顧客や市場において、リーダーシップを握る必要があるから!

単なる言葉の定義の問題ではな。事業場上の重要な意思決定の問題である。

問題に対する答えによって、いかなる事業活動を行うかが決定される。

(「創造する経営者」PFドラッカー)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)