多角化の調和

多角化には、適切なものと不適切なものがある。

いかに集中が望ましくとも、多角化との調和が必要である。さもなければ過度の専門化に陥る。同時に、いかに多角化が望ましくとも、あるいは避けがたくとも集中が必要である。さもなければ分裂と分散に陥る。

単純さと複雑さはともに必要である。単純さと複雑さは事業を反対方向に引く。この二つを対立させてはならない。調和させなければならない。共通の軸によって多角化を一体化することこそ、トップマネジメントの仕事である。このことは、小企業、中企業、大企業のいずれにも等しく重要である。

多角化を調和させ、一体性を保つための方法は二つしかない。

①一つは、共通の市場のもとに、事業、技術、製品、製品系列、活動を統合し、それによって高度に多角化しつつ一体性を保つことである。

②もう一つは、共通の技術のもとに、事業、市場、製品、製品ライン、活動を統合し、それによって高度に多角化しつつ一体性を保つことである。

共通の市場と共通の技術は一体性の要件である。

この二つが組織の共通言語となる。

組織内の相互理解も、この共通言語によってもたらされる。

(「マネジメント 基本と原則」P・F・ドラッカー著)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)