製品を定義する

最初の五つの類型は、診断も容易、処方も簡単である。

(1)今日の主力製品

(2)明日の主力製品

(3)生産的特殊製品

(4)開発製品

(5)失敗製品



次の六つの類型は、問題のある製品である。

(6)昨日の主力製品

(7)手直しの用製品

(8)仮の特殊製品

(9)非生産的特殊製品

(10)独善的特殊製品

(11)シンデレラ製品あるいは睡眠製品



(「創造する経営者」P.F.ドラッカー)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)