理想企業を設計した場合には、現実の成果による検証というフィードバックが可能となる。

理想企業を設計した場合には、現実の成果による検証というフィードバックが可能となる。

したがって、たとえ当初に描いた理想企業に近づいていっても、利益率の上昇が止まったならば、その理想企業の設計そのものの再検討が必要であるということになる。

理想企業の設計そのものが、陳腐化してしまったのかもしれない。最高の設計といえども、永久に有効ではない。

(創造する経営者、P.F.ドラッカー)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)