現在行っていることの解釈よりも重要なことは、当然行っているべきであるにもかかわらず、まだ行っていないものの発見である。

現在行っていることの解釈よりも重要なことは、当然行っているべきであるにもかかわらず、まだ行っていないものの発見である。

ここにおいても、マーケティング分析と知識分析は、事業そのものについての診断に重ねられることによって、何が欠けているかを明らかにしてくれる。



製品、市場、流通チャネルなど、成果をもたらす領域には、常に、三つの種類の欠けたものがある。

それらは、あらゆる企業に欠けていると言ってよい。



まず一つ目の欠けているものは、全盛期を過ぎたものに代わるべきものを開発する努力である。

製品についてだけではない。市場、最終用途、流通チャネルについても言える。



二つ目の欠けているものは、機会と成功のための支援である。

製品やその提供の仕方を変えたときには、流通チャネルを徹底的にチェックしなければならない。

流通チャネルが変わったときには、必ず、製品、製品ライン、顧客、市場、最終用途をチェックしなければならない。



マーケティング分析と知識分析という企業外部からの分析は、三つ目の欠けたものとして、知識に対する新しいニーズと機会を明らかにしてくれる。

第一に「本当に重要な新しい知識として何を取得する必要があるか」であり、

第二に「現在の中核的な知識の何を向上させ、最新のものとし、進歩を図る必要があるか」であり、

第三に「わが社の知識のどこに再定義の必要があるか」を明らかにしてくれる。

ほとんどの場合、このうち最初の二つの問いの重要性については明らかである。

通常、見落とされるのは、第三の問いの重要性である。

しかし、これは最も重要である。

(創造する経営者、P.F.ドラッカー)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)