衰退への変化を把握しなければならない。

製品についてばかりでなく、成果をもたらす他の領域についても、分類はそれほど難しいことではない。

しかし、いずれの領域についても、分類だけでは、有効な診断には不十分である。

製品の性格の変化。特に衰退に向かっての変化を把握しなければならない。

これらの変化を知るためには、簡単な原則が二つある。

第一に、予期したものと違う結果が出るようになるならば、類型変化の前兆と考えられる。少なくとも、分析が必要である。

第二に、あらゆる製品、市場、最終用途、流通チャネルにはライフサイクルがある。

(創造する経営者 P.F.ドラッカー)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)