企業の分析は、まず製品の分析から入るべきである。

企業の分析は、まず製品の分析から入るべきである。

分析のプロセスや目的や構造や有効性の証明は、流通チャンネルや市場の分析ではなく、業績をもたらす領域として最もなじみのある製品の分析によって確立しなければならない。

(「創造する経営者」P・F・ドラッカー著)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)