事業の分析の基本は、現在の事業について調べることから始まる。

事業の分析の基本は、現在の事業、すなわち過去の意思決定、行動、業績によってもとらされた今日の事業について調べることから始まる。

事業の骨格、すなわちその経済的な構造を調べることから始まる。

資源と業績、活動と成果、利益とコストの間の関係や、相互作用を調べることから始まる。



具体的には、まず初めに、業績をもたらす領域を明確にし、理解しておかなければならない。

業績をもららす領域とは、個々の事業、すなわち扱う製品やサービスであり、顧客や最終需要者を含む市場であり、流通チャンネルである。

(「創造する経営者」P・F・ドラッカー著)

    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)