【孫子の兵法】九変篇:状況に応じた判断基準を持ちましょう!?

『塗(道路)に由らざる所有り。軍に撃たざる所有り。城に攻めざる所有り。地に争わざる所有り。君命に受けざる所有り。』

塗に由らざる所有り

直訳は「道路にも、通ってはならない道路がある。」となりますが、『(市場におけるリーダーシップを握る、又は狙う為には)選択してはならないことがある。』

逆に、『選択すべきこと』とは何か?

それは、現代ビジネスにおいては、『事業の成功させるためには、三つの保証済みのアプローチがある。(「創造する経営者」どらっっかー著)』に数に限りがある自社の資源を「最大の成果」「最大の機会」に集中させることです。

軍に撃たざる所有り

直訳は「敵の中にも、撃ってはならない敵軍がある」。

『共同して何かをする訳でもないけど、敵対する会社・人でもないのに、存在を考慮せずに、自社の行動によって敵対せざるを得ないことはしてはならない。』(敢えて、敵にしなくても良い会社・人を敵にしてはならない)

自社が、衢地(くち:多くの諸侯の利害関係が集中している場所)において「市場で展開」しているなら尚更、他社製品・技術を利用することで、自社単体では出来ない市場を狙えることもあり、更にそのような市場内において、リーダーシップの地位を築くことで大きな利益を得ることも可能となります。

城に攻めざる所有り

直訳は「城には、攻めてはならない城がある」。

『(市場におけるリーダーシップを握る、又は狙う為に)大企業であれ、小企業であっても、市場シェアを判断基準とするあまりに、手を出してはならない製品・サービスに手を出してはならない。』

地に争わざる所有り

直訳は「土地には、争ってはならない土地がある」。

これは先の「城に攻めざる所有り」と同様と考えて良いのではと思う。

君命に受けざる所有り

直訳は「主君からの命令であったとしても、受けてはならない命令がある」。

この一節の説明に関しては、「孫子の兵法」に関する他の書物に譲りたいと思います。

ただ私の場合、自分の上司もいない立場なので、自分にとってどうかと考えてみました。

私の場合、「顧客からの依頼」が「君命」に近いのかなっと思います。

譬え「顧客からの依頼」であったとしても、受けてはならない依頼がやはりあるからです。

まとめ

上記5つの状況だけに固執せずに、「自社が目指すべきビジョン」を実現させる為にはどのような判断・選択・行動等をすべきかと深めていくことが、この『五利』に通じると思います。

《関連記事》

【孫子の兵法】九変篇:自社が陥った「市場の変化」にどう対応すべきか?

【孫子の兵法】九変篇:状況に応じた判断基準を持ちましょう!?

《問合せ先》

「電話」 又は こちらのフォームでお申込み下さい。

社会保険労務士法人ファウンダー 

受付時間 平日 9:00-20:00(土日祝も対応可)

連絡先 ℡:011-751-9885

所在地〒007-0849北海道札幌市東区北49条東13丁目1番10号

《ライター記事一覧》

このライターの他の記事を見たい人は、こちら

《メルマガ登録》

メルマガ登録は、こちらです。

【孫子の兵法】

《戦いまでの準備について》

一篇 : 計篇
二篇 : 作戦篇

三篇 : 謀攻篇

《軍の態勢づくりについて》

四篇 : 形篇

五篇 : 勢篇
六篇 : 虚実篇

《軍の運用方法について》

七篇 : 軍争篇

八篇 : 九変篇
九篇 : 行軍篇

十篇 : 地形篇

十一篇 : 九地篇

《特殊な戦い方について》

十二篇 : 用間篇

十三篇 : 火攻篇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


    登録社労士募集

    社労士相談ナビでは

    登録してくれる社労士を募集してます。

    詳細はこちら

    運営窓口

    お困りの事がございましたら、
    お気軽に下記へご相談ください。

    お問い合わせフォーム

    011-751-98859:00~20:00(土曜日は17:00まで)